お金に困ったときに便利

クレジットカードの現金化が世の中に広まったのはさほど昔ではなく、2000年代の前半のことです。
それまでお金が必要となると知り合いに借りたり銀行に借り入れを依頼するのが一般的で、それ以外は消費者金融に頼るくらいしか方法がありませんでした。
しかし、ご存知の通り消費者金融では高利をむさぼる悪質な業者も多く、社会問題にまでなることも珍しくなかったものです。
けれども、ファミリークレジットのクレジットカード現金化のシステムのおかげで消費者金融を使わずにお金を手に入れることができるようになって多くの人が助かっているのです。
またそこまで深刻な状態でなくても、ちょっと手持ちの現金がないという時などの一時しのぎに利用している人もいます。

ファミリークレジットの現金化は自分名義のカードさえあれば誰でも可能ですし、消費者金融で借りるときのような審査の必要もなく、すぐにでもお金が手元に届きます。
コンビニのATMで手続きができるという手軽さや、何よりも掛かる費用が少なくて済むのがメリットです。
クレジットカードにはキャッシング枠がありお金を借りることができますが、この利息は20パーセントが一般的です。
たとえば、キャッシング枠を利用して100万円を借りると1年後には20万円の利息が付くことになります。
いくらキャッシング枠で手軽にお金が借りられるとはいっても、利息を考えると躊躇してしまいます。
そこでおススメするのが、クレジットカードの現金化というわけなのです。

簡単に申込みができる

1990年に施行された総量規制によって、お金の借り入れ行為自体が大きく変化しました。
これは年収の3分の1までに個人の借り入れを制限するというもので、当時横行していた消費者金融からの悪質な取り立て状態から利用者を守るという意味合いから施行されました。
ところがそういった状況は少なくなった反面、これまで借り入れできていたお金が借り入れできなくなるという事態をも生み出してしまったのです。
総量規制によって少なくない消費者金融が倒産し、その代わりに増えているのがクレジットカードの現金化を行なう業者です。

これは本人名義のクレジットカードを持っているなら誰も簡単に行なえすぐに現金が手に入るので、急な出費が必要となった際に便利です。
総量規制にも引っ掛からず、高利で借入するのが不安な消費者金融にお世話になることもありません。
ファミリークレジットはインターネット上から申し込みが可能なので、いつでもどこからでも利用できるのもメリットです。
ネットから申し込みをして、コンビニのATMで入金確認ができるので、手間が掛からないのも魅力的です。
申し込みから早ければ即日、中には数時間で対応してもらえるので、すぐにでもお金がいるという人にはぜひお薦めしたいと思います。

クレジットカード現金化はどういった経緯で誕生したのか?

いまでこそクレジットカード現金化は認知されていますが、いったいどういった歴史があるのでしょうか?クレジットカード現金化会社の指定する商品をインターネットで購入してクレカ決済をします。その代金の一部をキャッシュバックするシステムになって便利になっています。ではこのような【クレジットカード現金化はどういった経緯で誕生したのか?】が今回のテーマです。

最近のビジネスモデルでは、お店が売りたい商品にキャッシュバックという名目で割引をしてたくさんのお客さまの目を惹こうとしています。これと良く似ているのがクレジットカード現金化です。クレジットカードのキャッシング枠があればOKです。その枠の範囲でショッピングするだけです。

クレジットカード現金化は今から5年ほど前に始まっていましたが、今は合法的になっています。一般的な新聞や雑誌にも宣伝広告があります。

クレジットカードが出始めのときには店舗にクレカ精算の機器を設置していました。早く導入していたのは飲み屋さんです。料金をクレジットカードで精算するのですが、その場合にお店と交渉して少し割引をしてもらっていたようです。その時代では「ツケ」で飲む事も多かったのですが、店舗としてはそれよりもクレカで精算してもらったほうがよかったので割りびいたのです。これがクレジットカード現金化の発想の原点だったのでしょう。

ショッピング枠を利用した現金化

今やマイナス金利政策が打ち出されて、銀行もいろいろと大変な状況となっています。
マイナス金利は銀行が手持ちのお金を持っていると金利を支払わなければならなくなるので、その分を低金利で企業などへ貸し出しに回すことで社会全体にお金が行き渡るだろうという目論見で実施されました、
しかし景気が滞ったままの現在、積極的にお金を借りようとする企業も多くはなく、マイナス金利政策が思惑通りに働いているかどうかについては疑問が残ります。
それでもお金を借りずに生活をするのは難しいご時世ですから、銀行や消費者金融がもてはやされるのです。
とはいえ、そういった金融機関からお金が借りられない人や借り入れの際の審査の時間の余裕がない人もいます。

そんな際に有効な手段が「クレジットカードの現金化」なのです。
クレジットカードというと、ショッピングや公共料金の支払いの他、せいぜいキャッシングといった利用方法をしている人がほとんどではないでしょうか。
実は、クレジットカードの現金化とはカードのショッピング枠を利用した現金還元のシステムなのです。
従来クレジットカードの現金化を行なうのは店舗で行なうのが普通だったのですが、今やインターネットを利用するのが一般的となっています。

ですから、わざわざお店まで出向く必要はありませんし、時間や曜日を気にすることなく利用することができるのは大きなメリットといえるでしょう。
その方法は、現金化を行なうファミリークレジットのサイトにアクセスして利用申し込み登録を行ないます。
登録はカードの種類やカード番号、有効期限などを入力して、あとは決済するだけと非常に簡単です。
そののちは自由にネットショッピングを楽しめば自動的にキャッシュバックされるシステムとなっています。

還元率の高すぎる会社に注意

ほとんどの人がクレジットカードはショッピングの際の支払いとしてのみに使用しているようです。
ときどきキャッシング枠を利用してローン会社からお金を借りている人もいますが総体的にあまり多くはないのが現状です。
でもこれら以外にもクレジットカードの使い方があるといえば、意外に思う人もいるかもしれませんね。
それが「クレジットカードの現金化」で、カード会社がサービスの一環として実施していたり現金還元会社が行なっています。
カードの利用者側からすればキャッシュバックや口座に現金が戻ってくるシステムは非常にありがたいといえますよね。

急なお金の入用があった時、多くの人が思い浮かべるのが消費者金融からの借り入れかと思いますが、消費者金融に対していいイメージを持っている人は多くはないのが実情で、できればそんなところから借りたくないと思っている人も少なくないのではないでしょうか。
そんな時に、クレジットカードを使った買い物でキャッシュバックを受けられるのであれば「渡りに船」ですよね。
ところでクレジットカードの現金化を行なう際に最も注意が必要なのが還元率です。
キャッシュバック率ともいわれますが、この率の数字が大きいほうが返ってくるお金が多いのでお得になるわけです。
多くの還元会社では7割から8割といったところですが、中には6割以下というところも少なくないようです。

前述したように還元率が高いほうがお得なので、6割じゃあとてもやってられないと考える人も多いに違いないでしょう。
その反面10割に近いような数字をアピールする会社があれば、そちらのほうがお得だし利用者のことを考えてくれているからと利用しようとする人もたくさんいるかもしれませんが、ちょっと待ってください。
というのも、還元率の高さをえさにお客を引っ掛けようとする悪質な業者が少なくないからです。
その業者が信頼できるかどうかしっかり見極めてから利用しなければ、還元率の良さだけで飛びついたのではのちのち泣きを見ることにもなりかねませんよ。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.